keyblog

ダイエットからボディメイクへ ボディメイクから健康オタクへ 健康オタクからミニマルライフへ . 和歌山市の美容師 自分が出会ったコトを アウトプットして シェア出来ればと思います。

脚の筋トレで、脚が太くなるのか!?☆

おはようございます

keyです。

 

 

 

昨日は『小顔』と『体型』の話しでしたが

今日は、『部分痩せ』について

 


『部分痩せ』で、よく聞くのが

脚の部分痩せかな?

 


またしても僕自身の実体験も踏まえて

個人的な考え方をお伝え出来ればなと。

 

 

 

世にはびこる

 


「筋トレしたら、太くなる」説

 


、、、では、聞きますが

お腹を引き締めたい時、なにします?

 


腹筋しますよね?

 


一緒だと思います

 


「脚を細くしたーい」

「脚トレすると、脚が太くなりそうー」

 


とか

 


お黙りなさい。笑

 

 

 

かく言う僕も、以前までは

『脚の筋トレをすると、脚が太くなるかも!』と、思って

あまり脚の筋トレはしてこなかったんですが

 


どうも自分が主に鍛えている部分に比べると『タルンッ』と言うか『ムニン』と言うか、、、

 


で、最近は脚の筋トレも取り入れるようにしたのですが

これが効果絶大で!

 


どことなく『シュッ』としてきたように感じるんです!

 


『やっぱり、そうなんだ!!』です。

 

 

 

脂肪から筋肉に変わる、とか

筋トレすると太くなる、とか

 


世にはびこる数々の説

 


とりあえず上記の2つに関して

僕個人的には違うかな?と、、、

 


まぁ、そらね

脚の筋トレばっかりすると、少しは太くなるかもしれませんが

 


筋肉で脚が太くなる程、トレーニング出来てるなら

そもそも『部分痩せ』とか考えないですよね笑

 


以上、個人的

『筋トレしたら太くなる』説への

僕なりの意見でした★

 

f:id:Keyblog:20191113133302j:image

 

カット以外での、小顔の作り方☆

おはようございます

keyです。

 

 

 

「小顔に見えるようにしてください」

 


もしかしたら美容室で1番多いオーダーかもしれません!

 


誰しもが憧れる「小顔」

僕も二頭身とまではいかないですが

「小顔」と呼べるほど顔が小さい訳でもなく

むしろ少し大きいぐらい、、、

 


なのでお気持ちお察しします。

 

 

 

さて、「小顔効果カット」の活かし方ですが

僕個人的意見で、髪で小顔にするのは限りがあると思うんです、、、

 


そして恐らく、多くの美容師の方が「小顔になるように」と思ってカットしてると思うんですね

 


顔面強調カット、をしようと思ってハサミ持ってないと思いますし笑

 


じゃー、髪以外で小顔にする為には

勿論髪型も大事なんですが

要は全体のバランスだと思います!

 

 

 

例えば、背が低めの方でしたら

髪も少し短めするとか

お顔の形的に、縦にボリュームを出すのか

横にボリュームを出すのかとか

 


あと、これは実体験なのですが

痩せると顔がシュッとします

 


、、、当たり前か?笑

 


他にも、筋トレで肩幅が広くなるようなトレーニングをすると全体的な見た目のバランスで、結果、顔が小さく見えるようになったり!

 


僕自身、痩せて、肩幅が少し広くなったので

多少は全体のバランス的に、顔が小さく見えるようになったかな?

 

なので髪を短く出来たとも思ってます。

 

 

 

ようは全身、全体のバランスだと思うんですね

 


髪の話しから、結局筋トレの話しになっちゃいましたが笑

 


確かに、美容室で座っている時は髪と顔だけを見ちゃいますが

実際に生活する時は、顔から足元まで

全体的に見られますよね

 


そのバランスで「小顔」って作れるとおもうんです

 


なので、是非筋トレしましょう!

 


って、オチなのですが

 


本気で小顔になりたいのなら

「小顔カット」プラスアフルァで

そのカットを活かしつつ

 


筋トレしたり、食生活を見直したり

髪以外でもね

ご提案出来たらなと思います★

 

f:id:Keyblog:20191113074704j:image

可愛いヘアースタイルにする前に☆

おはようございます

keyです。

 

 

 

3日連続、スタイル解説が続きましたが

今日は、そもそものお話しを、、、

 


以前買って、『はー、なるほどなぁ』の多かった本

 


スタンフォード式、疲れない体

〜山田知生〜。

 


f:id:Keyblog:20191110231729j:image

 

 

 

アスリートの体調管理や、コンディション調整、試合に勝てる体作りをアドバイスするプロの方ですかね

 


一般人には関係ないと思われがちですが

みんなそれぞれ『アスリート』です

 


美容師、サラリーマン、主婦、学生

 


それぞれが、それぞれの分野ではアスリートで

そこでのパフォーマンス力は

高ければ高い程、自分が楽ですよね

 


そのパフォーマンス力をどう高めていくか

どう疲れを残さずに明日を迎えるか

 


まぁ、ざっくりそんな感じの内容です。

 

 

 

その中で、一つピックアップするとすれば

 


皆さんは姿勢いいですか?

 


この本を読んで以来、街行く人の姿勢を観察する癖がついたのですが、、、

 


f:id:Keyblog:20191110231751j:image

 


右のような姿勢で歩いてる方って結構多いんですね

 


肩より前に耳があって

あごを少ししゃくったような

背中は丸く、お腹出てるかまでは分かりませんが笑

 


こういった姿勢は、楽なようで実は疲れやすいんだとか、、、

 


そして、僕も仕事中

お客さんの姿勢、、、気になります。

 

 

 

最近多いヘアースタイルで

 


f:id:Keyblog:20191110231815j:image

 


の、ような

ボブラインのスタイル

 


このようなヘアースタイルは

姿勢によって、見え方が全然違ってくるんですよね

 


よく見るであろう、SNSに掲載されている

所謂『可愛いヘアースタイル』も

写真を撮る時だけかもしれませんが

良い姿勢があってこそのヘアースタイルだったりもします!

 


僕らも出来る限りの事はします!

 


なのでね、元々意識されてる方は別として

 


耳の位置と肩の位置

自分の立ち姿や、座り姿

 


時折気にしてみては如何でしょう★

 

スタイル解説、いい感じのカラー☆

おはようございます

keyです。

 

 

 

本日のオーダー

「いい感じにしてください。」

 


f:id:Keyblog:20191106091505j:image

 

 

 

結婚式を1週間後に控えたお客さん

今回の為に前回のメニューも調整の為、リタッチのみで

 


今回で仕上げます

 


いくら結婚式だからと言っても

終わってからは仕事も再開するので

あまりにも突飛な事は無し

そもそもそういったタイプのお客さんでは無くて

あくまで

「結婚式のヘアーアレンジをした時に可愛くなるように」

が、メインテーマ。

 

 

 

カラーはどうしても退色が付き物で

ベストの状態を『今』に持ってくるか

『1週間後』に持って行くか

 


今回は勿論『1週間後』

 


メニュー内容は

根元の白髪カバーと、毛先の色味補正

アップやまとめ髪にした時に立体解を出す為のハイライト

 


ハイライトを施術当日に際立たせてしまうと

1週間後には少しギラついた印象になりがちです

 


そうならないように今回は控えめで

 


更に、式後の仕事にも極力支障が出ないように

ハイライトの本数はやや少なめ

 


ただただ少なくすると

毛量や髪の長さに負けてしまうので

普段は細めハイライトを入れる事が多いのですが

今回はいつもよりも太めに、かつ

仕事中でも、悪目立ちしないように。

 

 

 

普段何気なく行なっている事や

思っている事を、文章にするとこんな感じかな?

 


3回続けて書いてみましたが

正直、まだまだ書けます

 


よくある『おすすめスタイル』の記事に

なんか違和感と言うか、なんと言うか、、、

 


なので、僕なりの『おすすめスタイル』の記事はこんな感じで行こうかなと

 


読んでくれてるのは、お客さんが多いと思うので

正直、何言ってんのか分からない事もあるかとは思いますが

 


まぁ、「なんせこだわってるんやな」とだけ

思っておいてもらえれば★笑

スタイル解説、いつもぐらいで☆

おはようございます

keyです。

 

 

 

本日のオーダー

 


「だいたい任せます。」

 


f:id:Keyblog:20191106091131j:image

 

 

 

2回ぐらい前から

『ハンサムショート』スタイルのお客さん

以前はロングだった髪をバッサリで

周囲からの評判も上々

 


本人的にも扱いやすく

「今のところは伸ばすも切るも考えていない」

だそうで

 


所謂『前回と同じ』と言うオーダー

 


簡単なようで実はかなり深いのが

このオーダーです。

 

 

 

分け目を同じ位置で2ヶ月も過ごせば

その分け目が定着して、トップのボリュームの出やすさが変わってきます

 


そこの微調整をしながら、前回と同じ雰囲気まで持っていく

 


サイドはほぼ水平ラインで

フロントからの繋ぎのレイヤーを入れて

オーバーダイレクションで顔まわりからバックにかけて長さが残るように

 


かつ、サイドシルエットが崩れないように

バックからの繋がりも意識しながら

 


襟足は人それぞれ生え癖も違い、深さも違う

浮きやすかったり、ハネやすかったりと、、、

その微妙なクセの見極めでレイヤーの上にグラを重ねていく

 


段が付きすぎると老けるし

付かなさすぎても重く仕上がる

その丁度あいだ。

 

 

 

、、、チンプンカンプンですか?笑

 


「前回と同じで」ってオーダーでも

ここまで考えます

 


ショート以外のスタイルだと

わずか2ヶ月でカットラインが崩れる事も無いのですが、

それはヘアースタイルそれぞれですね

 


ちなみにこの感じ、

まだ続きますよ★笑

スタイル解説、伸ばしていくカット☆

おはようございます

keyです。

 

 

 

本日のオーダー

 


「鎖骨ぐらいまで伸ばしていきたい。」

 


f:id:Keyblog:20191106090756j:image

 

 

 

元々ショートスタイルだったお客さん

来店毎にどんどん短くなっていってて

そしてある日突然、「伸ばしたい」は、よくある事です笑

 


ショートボブのスタイルからボブスタイルへ伸ばして行く過程で

最も大変なのが、耳周りの髪と襟足の高低差

後はトップの長さが段をつけてある事で短いと言う事。

 

 

 

『伸ばすなら切らない』

が、僕の普段の答えですが

ショートボブスタイルからボブスタイルへは

まずサイド(耳周り)と襟足の長さを横一線に揃える事

 


なので、襟足は出来る限り短く切ります

これはトップにつけてあった段を、トップが伸びるのを待つばかりでなく

襟足の方から迎え行く為です

 


更に、ボブスタイル(外ハネ)は横から見たカットのラインがやや前下がり気味になるようにする事が多いので

襟足は今の段階では短くてもオッケー!

 


前髪からサイド(耳周り)にかけて

切ってしまってたので、そこも少しずつ伸ばして行く方向で

 


前髪を切った後、不自然にならないように調整して

ゆくゆくはサイドの髪と揃えて行きます。

 

 

 

「伸ばしたい」の、オーダーでも

 


『切らずに伸ばす』と

『切りながら伸ばす』が、あるんです

 


今回は後者です

 


、、、チンプンカンプンですか?笑

 


カット中の僕の頭の中です

 


よくある「おすすめスタイル」の記事に見飽きたので

ちょっと変えて書いてみました

 


、、、誰の参考になるんだ?笑

 


でも、個人的ヒットなので続けます★笑笑

俺のシリーズ、〜俺のサラダチキン〜☆

おはようございます

keyです。

 

 

 

f:id:Keyblog:20191106090146j:image

 


ササミ、ネギ、おろし生姜、塩胡椒、ゴマ油

 


レンジの中を行ったり来たり

 


頑なにレンジ頼りです。笑

 

 

 

温めたり混ぜたりしながら完成

 


f:id:Keyblog:20191106090207j:image

 


自家製サラダチキン

 


途中、白ゴマを見つけ

最後に混ぜて完成。

 

 

 

いつもの温野菜に入れて

軽く温めて頂きます

 


f:id:Keyblog:20191106090225j:image

 


いや、これ間違いなく美味いヤツ!笑

 


途中、細かく切りすぎたネギが

どっか行っちゃいましたが、まぁよしとしましょう。笑

 

 

 

先日の2連休は、2日とも朝からササミと対峙してました

 


ホント、ハマるとそればっかりになる性格笑

 


しかし、午前中のキッチンて

なんかいいですね

 


静かーな中、好きな音楽流して

傍でタバコ吸って、、、

 


最高かっ!!笑

 


以上、俺のシリーズ、

〜俺のサラダチキン〜、でした★